-->

    サンデーサイレンス以降、海外の距離は縮められ、今では身近にさえ感じるようになった。

    私も旧来の競馬ファンであることから昔の馬でも通用したと考えたいが、この事実を目の当たりにすると近代化はサンデーサイレンスによってもたらされたと結論付けせざるを得ない。

    今年は、ドバイ・香港・フランスと毛色の違う国でG1馬をを出している特異な状況がある。しかし、国内の古馬を見てみると昨年から低調なレースが多い。

    そこで仮説を唱えたいのだが、国内レベルが低いほど海外適性は高くなるということがあるのではないだろうか。

    日本の負荷が低すぎる馬場で埋もれていたが、国内レベルの低下により重賞レースを勝ち、たまたま海外に行くプランを得て結果を残したという風にも考えられる。

    とにかくスパッとした瞬発力がないと生き残れない今の日本競馬に適応するほど海外適性が低下すると考えれば、海外遠征をするのは今がピッタリとも言えるわけだ。

    まだまだ仮説の域をでないだけに今後の海外組のレースを見る必要がある。そこでどういった結果をだしてくるのか楽しみに待ちたい。

    唯一のG1馬が出走を取り消したことで実績的には格下が集まることになったニエル賞。

    欧州に遠征すると筋肉がつくことで体つきが変わると言われるように日本馬にとって過酷な環境である。

    格下相手でも決して気を抜けない舞台なのは間違いない。まずは、どの程度のパフォーマンスを見せてくれるのか。

    さすがに惨敗までいくと本番では期待できないがチョイ負けくらいまでなら戦略を含めるとそう悪くないと思う。

    あまりに派手に勝つと潰しに来られるようになったのでは元も子もない。

    そうそう凱旋門賞を勝たせてたまるかというフランス人の熱意を感じるだけにマークされないように負けておくのも悪い選択肢ではないだろう。

    無理せず先行できるようなら差しにこだわる必要もない。この馬なりの位置取りでどこまで脚が使えるのか注目している。

    海外競馬で日本馬が強さを見せる流れが定期的に起きている。

    よくペリエが来日してた時に欧州でもやれる馬がいると言っていたように適性次第で勝てる時代なった。

    それにしても前哨戦に位置するレースとは言え、不良馬場の中10馬身差は破格の内容だろう。

    この衝撃を次戦以降まで継続できるかだが、凱旋門賞に向けて楽しみな馬が増えたのは間違いない。

    父ディープインパクトに母父ストームキャットというアメリカン血統が欧州で活躍する面白さもある。

    しかも、生産者は栄進堂という社台ファーム系列から出現したのも何かあるのだろうか。

    香港で活躍しているモーリスにしても社台系に買われたものの生産者は違う。

    そろそろ社台一強体制にほころびがでてきた兆候と言えるのかも知れない。

    お金をかけて良い馬を配合すれば強い馬ができる、そんな単純でないからこそ数々のドラマが生まれてきた。

    これから零細ファームが息を吹き返すような事態が次々と起こるなんてこともありそうだ。
    現代ステイヤーとして活躍するフェイムゲームが去勢されたのこと。

    理由は定かではないが、長距離馬は種牡馬の需要が少ないことが一因としてありそうだ。

    宝塚記念では後方のまま見所がなかっただけにスピードはないと判断された可能性が高い。

    セン馬ばかりの香港競馬を見ていると競走寿命が伸びるという効果は確かに感じられる。

    得意の長距離に特化したローテーションを組むことが予想されるだけに、現役生活を長く送ると選択したのは好判断と私は思うがいかがだろうか。

    これからトウカイトリックのように偉大なステイヤーとして長きに渡る活躍を期待したい。

    1番人気で臨んだプリンスオブウェールズSで見せなく沈んだエイシンヒカリのレート見直しが行わるかも知れない。

    コースが変わるとは言え、圧勝したイスパーン賞が幻だったかのような負けっぷりに言葉をなくした。もっと良い勝負ができると思っていただけに落胆は大きい。

    なぜ、こんなにもパフォーマンスが変わるのだろうか。国内競馬でもそうだがコースが変わると着順もコロコロ変わることは当たり前になってきた。

    サンデーサイレンスの気性の激しさもあるのだろうが、抵抗の少ない馬場になったことで瞬発力ばかり求められるようになった弊害が表れているのではないだろうか。

    最近はハイペースで前が沈んで差しが決まるのではなく、とびきりの瞬発力を発揮できる馬が走ることで前が沈んだように見えている。

    そうなってくると、いかに脚をタメるかの勝負になりレースは迫力を失ってくる。JRAは、良い馬場と競走馬を用意してきた功績は称えられるが、そろそろ面白い競馬づくりにシフト転換する時期がきたのではないだろうか。

    同じ相手に勝ったり負けたりはたまに起きるからドラマなのであり、それが当たり前にになるとスポーツとしての醍醐味を失ってしまう。

    牡馬よりもパッとしなかったことでレベルが疑われたがフタを開けてみれば3強オッズを形成している2016年の桜花賞。

    とりわけ人気が集中するのはクイーンカップで圧勝を飾ったメジャーエンブレムだろう。ほどほどに走るイメージが強いダイワメジャー産駒の風評を打ち消すかのような走りっぷりは素晴らしいの一言に尽きる。

    スローペースなら死角があると言われているが、それはどの馬にも言えることで2015年のような極端なスローペースになれば後ろについている馬たちだって自滅する可能性は高い。なにせ混戦の中で逃げ馬が圧勝してしまったのだから。そのことを理解した騎手たちは、昨年を反省していればペースを上げることに躍起になるのではないだろうか。

    ペースメイクできる馬の強みは展開に左右されにくいこと。マークされても勝てる馬なら馬券圏内の確実性は高いと見ていい。マークされてしまうが自分の競馬で負けるのなら仕方のないことだろう。

    マークできる立場で有利なのは3戦3勝で登場したシンハライト。この舞台で大活躍しているディープインパクト産駒だけに主役を食う候補として魅力的な馬だと言える。しかし、レースの中身を見ていくとデビューを除けば接戦の内容であり抜けた印象はない。勝負強さを生かせる展開に持ち込めるかがポイントになりそうだ。

    そのシンハライトと接戦の競馬だったジュエラーも評価できる。ただ、実績だけ見ると物足りなさが残るだけに3番人気でも伏兵要素が強い。デムーロ人気もありコケるなら同馬に可能性がありそうだ。
    勝算は薄いものの重賞レースに騎乗するということで上手く活用している感があります。

    こういった盛り上げる取り組みは興行には必須なので良いことだと思います。

    重賞レースの雰囲気を経験しておくことは今後につながることですしね。

    早く1勝をという声はありますが新人ですから無理しないで自分の騎乗を固めて欲しい。

    いま無茶をして怪我をするのだけは避けて末永い騎乗を期待しています。

    これをきっかけに関西方面でも声が掛かればさらに盛り上がりそう。

    そういった根回しを期待しつつ大阪杯予想を楽しみにしておこうかと思います。

    二冠馬ドゥラメンテが復帰するレースということで注目が集まっている。
    予想オッズも1番人気だが単勝オッズは2.8倍と不安視されている様子。

    なぜなら、そのドゥラメンテの馬体重は30キロほど増えてくる可能性があるとか。
    まあ厩務員の話なので額面通りに受け取らなくても良さそうだけどね。

    私の推測ではきちんと計測はしてないように思う。
    馬を仕上げるたびにイチイチ計量することはないからだ。
    乗り込み不足ならマイナスだが十分に乗り込んでおり増えても10キロ程度と予測する。

    まあ、レース直前の体重発表でガラリと評価が変わるのかもね。
    そういった意味で中山記念予想はどうなるのか注目している。
    重賞を勝てないでいるビッグアーサーが人気ですね。親からも下手乗りの烙印を押された 藤岡康からデムーロへと乗り変わるよう。

    すっかり低レベル路線の代表になったスプリントで重賞を勝てない理由はどこにあるのでしょうか。
    息子の騎乗が悪いのか、それとも期待するほどの馬ではないのか。

    ここでも負けてしまうようだと底を見せたと考えてもいいかも知れませんね。
    スターホースのいない路線だけに求められるものも大きい感じがします。


    2回京都2日目 4歳上 サラ4歳上オープン

    (国際)[指定]ハンデ 17頭

    本賞金:3900、1600、980、590、390万円


    芝1200m 発走:15:35
    1 ビッグアーサー 2.1
    2 サトノルパン 4.8
    3 ネロ 5.3
    4 ダンスディレクター 6.4
    5 アースソニック 8.3
    6 ローレルベローチェ 11.7
    7 アクティブミノル 19.5
    8 リトルゲルダ 54.5
    9 セイコーライコウ 109.5
    10 ヒルノデイバロー 130.3

    騎手がペースをレース中に読みきるのは難しいと思う。
    競走馬は生き物だから操縦に気を配りつつペースを読むなんて現実的じゃない。
    一般社会でもスマホ歩きをすれば注意力を欠いて事故を起こすことがあるし
    それで車を安全に運転しろというは無理がある。

    それでも外国人騎手は上手くペースに乗れるのは何故なのか。
    私が取材した印象では、事前知識の有無が明暗を分けているように思えた。
    ミルコが競馬新聞を読むのは有名だし、日本語ができなくても数字を追うだけで簡単にイメージができる。
    これほど競馬を客観的に見る便利なツールは日本にしかない。
    その利点を上手く活用しているのがミルコがトップ評価を得られる理由だろう。

    すぐ天才だの何だの言うやつがいるが実際は相当な努力をしているはず。
    この恵まれた競馬サークルでどれだけ向上心を持ち続けられるかは分からないが
    数々の偉業でも達成しない限りは大丈夫そうに思えた。

    デビュー戦を楽勝したマカヒキが若駒S(OP)に出走する。
    レース後に鼻出血を発症したため放牧にだされていた。

    全姉に京都牝馬SとCBC賞を勝ち短距離で活躍しているウリウリがいる血統。
    期待は大きいものの距離的な不安はつきまとっており先々を占う上で重要な一戦になりそうだ。

    他に同配合の兄弟が2頭いるが2000m以上で勝ち星を挙げたことがない。
    初戦のパフォーマンスから人気になりそうだが、ある意味では故障明けと言え、しかも短距離血統
    ということを考慮するとどういった競馬をするのか興味深いところだ。

    このページのトップヘ