-->

    彼は英語がほとんど話せず、馬の経験もほとんどない状態でイギリスにやってきたが、今ではパキスタンのイムラーン・シャワニが歴史に名を残すスーパースター競走馬の婿となっている。

    カラチ出身の34歳は、日曜日にパリのロンシャンで開催される凱旋門賞で記録的な3連覇を狙う1200万ドルの勝ち馬エネイブルの世話をしている。

    騎乗方法の基本を含めて、彼が知っていることはすべて彼に教えてくれたと言っても過言ではない。
    "ボス(ゴスデン)は紳士で、いつも私の面倒をよく見てくれた。彼は私に給料を全額支払ってくれていたし、当時の私は全く役立たずだった。これが真実だ」と、ゴスデンのクレアヘブン厩舎での一日の仕事を終えた後、ショウアニはCNNに電話で語った。

    絶対にダメな騎手
    イムランがゴスデンのチームに加わったのは14年前で、以前イギリスの別の調教師ミック・チャノンの下で働いていた兄のアンワルの紹介がきっかけだった。
    初めて馬に乗ったイムランを見て、ゴスデン氏は感心しなかった。
    "ボスは『何てことだ、君はたくさん学ばなければならない』と言っていました。
    "彼はポニーの3回目のロットの後、毎日1時間乗馬を教えてくれました。彼は私に手綱の持ち方、馬がトロットした時の上下の動き方、馬が傾いた時の立ち方を教えてくれました。
    "私はいつもいくつかのミスをしていましたが、ボスはいつも無視、無視、無視、無視、そして彼は私にたくさんのチャンスを与えてくれました。
    "私は本当に最低の騎手だった"

    "幸運な人
    この国には数人しか知り合いがおらず、英語も初歩的なものしか話せなかった。
    ある時、ゴスデン氏はシャワニが担当していた馬が咳をしていないかどうかを尋ねた。

    "私は、「すみません」「ありがとうございます」「失礼します」のいずれかの言葉を使うように言われていました。だから、『ありがとうございます』と言っただけです」と彼は笑った。
    ゴスデンは咳を実演しなければならなかった。
    もう一人の兄アフザルはエネイブルの父ナサニエルに騎乗していたが、イムランが3歳のシーズンの初めに彼女の世話をすることにした時、彼女が不思議な馬になるとはほとんど予想していなかった。
    それ以来、彼女はアークス2着、エプソムオークス、アイリッシュオークス、アスコットでのキングジョージ6世賞2着、ブリーダーズカップターフを含む12連勝を達成しており、イタリアのベテランジョッキー、フランキー・デットーリとのコンビである。
    現在、シャワニ氏は毎日朝5時半から仕事を始め、エネイブルの調教に出走する前にエネイブルの準備をしています。
    "彼女は美しく、自分がスーパースターであることを知っています。"彼女をウォーレンヒル(ニューマーケットのギャロップ)に連れて行くと、自分がエネイブルであることをアピールしたがります。

    "彼女がキャンターに出ると誰もが彼女を見たがって触ってみたがるからね。
    "彼女は誰にとっても特別な存在で、ポロやニンジンをあげれば、きっとあなたの友達になってくれるわ。
    "私は庭とニューマーケットで一番ラッキーな人間だと思うわ"
    今後のパリでの対決について、シャワニは「彼女はタフな馬で、最高の馬だし、とてもいい状態だよ」と付け加えました。

    9月の第1土曜日にチャーチルダウンズで行われた第146回ケンタッキーダービーで、前走のオーセンティックが非公開で勝利したことはご存知の通りです。レースをご覧になった方も多いと思いますが、その他の情報もご紹介しましょう。

    バファート、ケンタッキーダービーの記録に並ぶ

    オーセンティックは、ボブ・バファート調教師にとって、リアルクワイエット(1997年)、シルバーチャーム(1998年)、ウォーエンブレム(2002年)、アメリカンファロア(2015年)、ジャスティファイ(2018年)に続く6頭目のケンタッキーダービー制覇となり、カルメットファームのベン・ジョーンズ調教師が持つ歴代記録に並んだ。

    "私はまだ終わっていないと思っているので、そのようなことは本当に考えたことがありません "と、ジョーンズ氏と同様に2頭の三冠馬を調教しているバファート氏は言います。(バファートはAmerican PharoahとJustify、ジョーンズは1941年のWhirlawayと1948年のCitation)

    プリークネスの再戦は可能だが、確実ではない
    敗れた人気馬Tiz The Lawは、4週間後に予定されているプリークネス・ステークスでAuthenticと対戦する可能性があります。

    "Tiz The LawのオーナーであるSackatoga Stablesのマネージングパートナー、Jack Knowlton氏は、「我々が期待していたような結果にはならなかったが、彼が走ったレースに恥じることはない」と語った。

    "「彼は戻ってくるでしょう。願わくば、彼がこのレースをうまく切り抜けて、ボルチモアに行って、できれば勝ってリベンジしたいと思います」。

    しかし、その後、バークレイ・タッグ調教師は、ティズザロウをブリーダーズカップ・クラシックまで調教することを好むかもしれないと述べた。

    バファートの災難は、レースの前後だけでなく、レース中にもあった。
    バファートチームはレースの前後でドラマに巻き込まれました。予定していた2番人気のサウザンドワーズが、パドックで暴れて頭や肩を打ち、獣医に掻き出されてしまったのだ。

    調教師によると、上級アシスタントのジミー・バーンズは事件後、右手首を骨折して病院に運ばれたという。

    "レース後、バファート調教師は感情をあらわにして「下から上へ、このゲームの浮き沈みはとてもエモーショナルだ」と語ったが、勝負所で勝馬が暴れてコネクションに激突し、自らも床に叩きつけられた。

    幸いなことに、誰も怪我をしていないようだった。"何よりも恥ずかしかったよ」とバファートは語った。

    ジョニーVに200アップ
    オーセンティックは、48歳のジョン・ヴェラスケス騎手にとって、アニマルキングダム(2011年)、オールウェイズドリーミング(2017年)に続く3度目のケンタッキーダービー制覇となった。また、プエルトリコ人の30年に及ぶ殿堂入りのキャリアの中で、200回目のG1制覇となった。

    バファートは、ジョッキーの努力を称賛しました。"今日はほとんどあいつが勝ってくれた "と、レース後のインタビューでヴェラスケスを示して語った。

    オーセンティックの6戦中5戦
    ガッツのある勝ち馬は、スペンドスリフト・ファームの種牡馬イントゥ・ミスチーフの息子で、6戦のキャリアの中で、サンタ・アニタ・ダービーでケンタッキーの4番人気オナーA.P.に逃げ切られた一度だけ負けている。

    ベイヤーズ オーセンティックとアメリカンファロア
    オーセンティックは先行馬だが、すべてを作ったわけではない。ブレイクで一歩遅れ、ティズ・ザ・ロウから1馬身遅れてスタートした後、1コーナーで先頭に立った。

    その後、22.92秒、46.41秒、1m10.23秒という素直なラップを刻み、直線で合流してきたティズザロウを追い返すと、そのまま逃げ切りました。

    オーセンティックは、超高速ダートで2m0.61秒で時計を止めました。デイリーレーシングフォームによると、アメリカンファロアと同じ105のベイヤースピードを記録しています。

    あれは私の競走馬だ」:4,500人以上のオーナーを持つダービー馬
    Authenticのパートナーシップオーナーの中には、Myracehorse.comがあります。Myracehorse.comは、ウェブサイトをベースにしたシンジケート運営で、購読者がその馬の小さな株を購入することができます。その結果、4,500人以上の方が、このダービー馬のオーナーになることができます。

    他にも、Spendthrift、Madaket Stables、Starlight Racingが提携しています。

    ケンタッキーホルンを吹く
    第146回ケンタッキー・ダービーの特徴は、観客の少なさだけではありませんでした。

    チャーチルダウンズのゲート前にはデモ隊がいたため、コールトゥザポストの後、スティーブ・バトルマンがこの賛美歌を独奏した。

    ゲート前の怒り
    3月にルイビルで起きたブレオナ・テイラーの警察官殺害事件に対する正義を求める反レイシズム・デモ隊は、市内のサウス・セントラル・パークからチャーチル・ダウンズまで平和的な抗議行進を行いました。

    しかし、地元の報道によると、レース前の午後、ピストルとトランプの旗を持った右派の反対派(いわゆる「愛国者」)が、黒人の民兵組織NFAC(Not F***ing Around Coalition)のメンバーと対決しましたが、押し合いへし合いになって火花は散りませんでした。

    テイラーが撃たれて以来、ルイビルでは緊張感が高まっており、活動家たちはレースを上演すべきではないと主張していました。

    競馬場は木曜日に声明を発表し、市民の不安をよそにレースの開催を決定したことを擁護しました。"我々は、今年のケンタッキーダービーを開催するという我々の決定に同意しない人がいることを知っています」と述べています。

    "我々はその意見を尊重しますが、たとえ我々が我々を引き裂く恐ろしい痛みを認め、修復しようとしているとしても、伝統が我々をアメリカ人として結びつけるものを思い出させてくれると信じて、我々の決断を下しました」と述べています。

    ベラスケスをはじめとする騎手たちは「Equality(平等)」と書かれたバンドを足につけていましたが、バファートは勝利の瞬間に、社会的状況によって高揚感が抑えられていることを認めていました。

    "私はここで胸を張りたいのですが、今はあまり幸せな時期ではありません」と彼は言った。"多くの人が今、苦しんでいるのですから」。

    ボブ・バファート(オーセンティックの調教師)。"信じられない。この馬は気が狂ったように走ったとしか言いようがありません。ジョニーV、完璧な騎乗でした。このレースの鍵となったのは、ブレイクです。ここ2、3日の夜、ジェフ・ルビーの店で計画していたんだ。そこから離れなければならないことはわかっていた。特定の人がどこにいるかを話し合った。
    "ジョニーは世界的なジョッキーで、みんながどこにいるべきかを知っている。私は自分の考えを彼に伝え、彼も自分の考えを私に伝えました。私は『君のプランが気に入ったよ』と言ったんだ。この馬が何を好むのか、何ができるのかを伝えました。このレースはジョニーが勝ちました。彼の馬の扱い方とゴールの仕方が素晴らしかったのです。
    "彼はこれを獲得しました。本当に良い馬を破ったんだから。Tiz The Lawは超一流の馬だ。コネクションには申し訳ないと思っている。私もそうだったからね。でも、これは決して古いものではありません。私たちはただ、とても幸運で恵まれていると感じています。"

    ジョン・ヴェラスケス(オーセンティックの騎手)。"レースの序盤で馬にやらせすぎてしまうのは、いつも心配です。レースの序盤で馬にやらせすぎてしまうのは、いつも心配です。ボブは今日、馬の準備ができていることを確信していました。私は彼を解放し、快適にさせました。馬たちが追いかけてくるまで待っていたら、すぐに反応してくれたんだ。
    "ボブは私に、最後の8分の1マイルを確実に残しておくように言い続けた。僕はその8分の1マイルが欲しいんだ。ボブは私に、最後の8分の1マイルを確保しろと言い続けました。私たちが計画した通りにうまくいった。この馬をとても誇りに思います」。

    バークレイ・タッグ(Tiz The Lawの調教師)。"我々は勝てなかった。バファートには勝てません。彼は毎回、いいレースをしています。今日もいいレースをしていた。彼は負けてしまった。"

    ジャック・ノールトン(Tiz The Lawのオーナー)。"もちろん勝ちたいと思っていました。朝の予想では大本命で、オッズオンだったのですが、それは叶いませんでした。オーセンティックは非常に素晴らしいレースをしました。速いペースで、一度も戻ってきませんでした。Tiz "は今年ずっと馬を追い越すことができたが、今日は追い越せない馬にぶつかってしまった。
    "しかし今日は、追い抜くことのできない馬とぶつかってしまったのです」 「直線の先頭では、今年の彼の走り方は、基本的にマニーが彼に尋ねる必要はありませんでした。マニーが声をかけて、彼は努力していたんだ。オーセンティックは素晴らしいレースをしました。彼は内枠に入りましたが、私たちは外枠を狙っていました。今年はずっとうまくいっています。
    "それぞれの馬が走った足の数を見ると、終わってみれば、我々は負けた分よりもかなり遠くまで走ったことになる。しかし、それが我々のプランであり、この馬が好む走り方だったのです。オーセンティックを評価すると、彼は大外から来て、何とか先頭に立って素晴らしいレースをした。我々としては残念でなりません。
    "ボブは魔法のタッチを持っているんだ。ボブは魔法のタッチを持っていて、この馬を適切なタイミングで用意し、今日は我々を打ち負かしてくれた。また何度か挑戦して、彼を逆転したいと思います」。

    マニー・フランコ(Tiz The Lawの騎手)。"期待通りの旅ができた。ただ、他の馬を追い抜くことができませんでした。相手の馬は一生懸命に戦っていました。彼も今日のために準備していました。トリップは完璧で、言い訳のしようもありません。"

    ブレット・カルフーン(Mr.Big News(3着)の調教師)。"彼の走りはとても素晴らしかったです。8分の3ポールまでは、全部勝つチャンスがあると思っていました。しかし、それがなかなか実現しなかった。信じられないようなレースだったよ」。

    マイク・スミス(オナーA.P.4着の騎手)。"頑張ってくれたことを誇りに思います。決して彼のベストレースではありませんでした。彼がこのコースに苦戦するとは夢にも思わなかった。今週、彼の調教を見たときには、トラックの上で跳ねていましたが、スロッピーでした。彼はそれが気に入ったようだ。彼のディープでカッピーなトラックは、彼が大きな扁平足を持っているからね。しかし、彼はそれを乗りこなすことができなかった。最初からスピンしてしまった。本当にそうだった」。

    ニューマーケット馬事病院(NEH)で受けたケアのおかげで、マスターマインドは健康を取り戻し、回復への長い道のりと第二のキャリアに乗り出すことになった。NEHのチームの中には、2013年にマスターマインドの世話と再訓練を担当した馬術看護師のソフィー・ヘイロックがいました。

    ソフィーのマスターマインドに対する忍耐が実を結び、今では地元のショーや馬場馬術競技会に参加している。彼女はマスターマインドについて次のように語っています。

    "彼は周りにいると素晴らしい馬で、間違いなく彼にはオーラがあります。彼が負った怪我は非常に深刻で、退院後は入念なリハビリプログラムに参加させました。

    "彼は今、幸せな引退生活を送っています。私は、クライブ・スミスが自宅で「EMS」(マスターマインド)をする機会を許してくれたことにとても感謝しています。クライブは連絡を取り合っていて、よく彼を訪ねてきます。馬も騎手もチェルトナムに行くことに興奮していると言っていいと思います。彼にはまだ行くことを伝えていないだけなんだけどね!」。

    パレードでは、最近引退したばかりのキューカードも見ることができます。キューカードは現在もコリン・ティザールのドーセット厩舎にいて、彼の世話をしていたハミール・シンがパレードで騎乗します。キューカードのオーナーであるジーン・ビショップ氏は、キューカードが将来的にいくつかのRORショーイングクラスを行う可能性を検討している。

    ピーター・オサルレバン・トラスト主催のパレードには、レース界の元スターだけでなく、他の分野からも何人かの成績優秀者が参加しています。現在16歳のウェストカントリーの人気チェイサー、モンカーティ・タンカーティは、サラブレッドの多才さの輝かしい例である。昨年はショーイング、馬場馬術、ショージャンプで優勝し、エイントリーで開催されたRoR Goffs UK National Championshipsでは3つの異なる種目でチャンピオンレベルの成績を収めた。彼の功績により、2018年RoRホースオブザイヤーを受賞した。

    また、エイントリーに出場したWhat Of Itは、ジョッキーのニコ・デ・ボインビルを含む審査委員会によってショーのスプリームチャンピオンと判定され、6月にヒックステッドで開催されたRoRタターソールズ・ショーシリーズ選手権に勝利したことで、エリートRoRショー賞のダブル受賞を果たした。

    クイーンマザー・チャンピオン・チェイスの2冠馬であるマスターマインドは、3月12日(火)にチェルトナムのフェスティバルで開催されるチャンピオン・デーの再訓練競走馬のパレードに参加する際に、7年以上ぶりに競馬場に登場することになる。

    毎年行われるこのパレードは、引退した競走馬の福祉のための競馬の公式慈善団体である競走馬再訓練(RoR)が主催している。レース前の午後12時30分から開催されるこのパレードは、競走馬がレースキャリアを終える際に開かれる様々な活動を紹介するもので、フェスティバル初日のレースに向けて、ますます人気のアトラクションとなっている。

    現在16歳のマスターマインドは、ピーター・オサルレバン・トラストが再びスポンサーとなっているパレードに参加する12頭の元競走馬のうちの1頭である。この12頭を合わせた年齢は172歳で、これまでに29回のグレード1レースで勝利し、600万ポンド以上の賞金を獲得している。全ての馬が今も現役で、レース後のセカンドキャリアを楽しんでいる。

    マスター・ミンデッドの他にも、2014年のチェルトナム・ゴールド・カップで優勝したロード・ウィンダミア、フェスティバルの人気馬キュー・カード、バルタザール・キング、マイ・ウェイ・デ・ソルツェン、ザーカンダルなど、フェスティバルで優勝した馬がラインナップされています。

    2008年、マスターマインドはクイーンマザー・チャンピオン・チェイスの史上最年少優勝馬となり、5歳時に19馬身差をつけて勝利した今世紀の傑出したチェイスの1頭となった。年後には再びこのレースを制したが、2011年にケンプトン・パークで行われたキング・ジョージ6世チェイスでキャリアを終える怪我を負い、それ以来競馬場には姿を見せていない。

    ケンプトンでマスターマインドは自分自身にぶつかって腱を切り、その怪我の重大さはレースキャリアに終止符を打つだけでなく、生命を脅かすものでもあった。

    脱税で裁判になっている会社員は、競馬で1億円以上の利益をだし株式で大損したことが分かりました。このことから必勝法はあるという人と次はないと考えている人がいるようです。競馬予想のPC利用の歴史は古いですが、本格的にデータ分析されるようになったのは近10年ぐらいのことでチャンスは十分あるように思えます。予想理論ではスピード指数や精度分析法といった独創的な手法がありますが、必勝法とは言えなくても近いレベルで結果をだしているようです。手法はメジャーであるよりマイナーの方が稼げるのは当然です。オッズがついて回るのが競馬で近年は投資額も減っていますから影響は大きいものとなります。すぐに陳腐化する可能性が高く競馬で勝つことは独自性を確保することと言い換えても良さそうです。

    こういった競馬必勝法を語ると胡散くさく見えるらしく賛同されることはないが歴史の合間においてニュースとして報道されている現実を見れば競馬必勝法はあると考えるのが妥当だろう。そこに時間をかけるのはバカらしいというのなら理解できるが否定するのは真実にそぐわない。いまある競馬予想の方法は、これまで良しとされてきたが、これで成果を上げたという人は見たことがない。あくまで競馬新聞の馬柱を利用するための競馬予想法ということを忘れてはならないだろう。言い換えれば競馬新聞の販促のためにできた手法であるとも言えるからだ。

    最強の投資競馬サイトであり、独自の競馬必勝法を公考案しているのが9年プラス収支を実証しているkeibasite.comだ。直前にツイッター公開するいさぎ良い行動で多くの競馬ファンから支持されている。ほかのサイトには絶対マネすることができないのだが厚顔無恥な詐欺誘導の口コミサイトだけは評判を落とそうと躍起になっているらしい。

    参考:競馬必勝法

    このページのトップヘ